芋太郎のお気楽生活
家族との旅行、遊び、好きな本、音楽について、お気らく~に綴っていきたいです(#^.^#)
旅行

パラオ3人子連れ旅行 ロックアイランドツアー 6歳児の初カヤック編

こんにちは、芋太郎です。

パラオと言えば、海ですね。

海と言えば、カヤック、シュノーケリング!

パラオの世界遺産であるロックアイランドにボートで行ってきました。

コロール島(繁華街)から、ボートで島から島へ移動し、きれいな海を堪能しました。

6歳児でも、怖がらずに、カヤックはできるのか??(スイミング歴9か月)

大丈夫かな??と思いながら、現地ツアー会社のIMPACにロックアイランドを満喫する一日ツアーを申し込みました。

一日のスケジュール

8:30 ホテルお迎え

9:00 インパックオフィスにて、受付、乗船

9:30 オーシャンカヤック

カヤック終了後、ミルキーウェイへ

↑カヤック編はここまで!次回へ続く

12:15 無人島で昼食

13:45 シュノーケリング

16:30 インパック桟橋

17:00 ホテル到着

受付・ボートにて

ロビーで待ちきれず、ツアーバスをホテル前で待っています。時間通り、来てくれました。ホッ(*´▽`*) バスの運転手さんに、ホテル受付でバスタオルを借りてくるよう言われ、タオルを裸のまま5枚持っていくことになりました。
受付を終了後、フィンとマスクとライフジャケットを選び、乗船まで時間があったので、待合場所で娘が犬と遊ぼうとしていました。
  • ツアー会社からは、何も持ってこなくていいよとのことだったけれど、他の方たちは大きい袋にいっぱいタオルやなんやと持ってきていました。濡れても、保証はしませんよということで、そう言われたのでしょうね。(濡れてもいいから、いろいろ持って来ればよかった。かろうじて、スマホは持ってきた)
  • 貴重品(お金やクレジットカード)はオフィスで預けることができました。
  • オフィスでドルに両替もできました。(滞在ホテルでは両替はやっておらず、街に出て銀行に行かないとできない状態だったので、助かりました)

トイレはインパックオフィスですませましょう。無人島に到着するまで、トイレには行けません。「海でしてください」と言われますが、慣れていないとなかなか難しいです。

20人くらいの人がボートに乗っていました。子連れも3組ほどいました。バスタオル5枚を持ってそのまま出発!
風と波が荒れていたので、いつもより揺れているとのこと。。 ボートが小さいからか、非常に揺れていたし、水もバッシャーンとかかるしで、娘は怖がっていました。

オーシャンカヤック

30分ほど、ボートに激しく揺られ、揺れになれてきたころに、桟橋に到着!

7歳児とパパのペアが先に出発! 慣れないながらも、頑張って漕いでいます。

6歳児も頑張って漕いでいます。先に出発したパパのペアに、近づこうとしています。

まだまだ、先は遠い・・・。

その後、マングローブのジャングルにカヤックで行き、茶色い毒クラゲが何匹かプカプカ海の中を浮いているので、「触らないように」とガイドさんに言われました。綺麗な海やけど、危険もあるのね(:_;)

ミルキーウェイ(クレイパック体験)

一時間ほど、カヤックを漕いで、桟橋につくころには、6歳児もとても上手く漕げるようになっていました。

その後、ミルキーウェイ(乳白色の海)にボートで移動し、サンゴの混じった白いドロドロしたクリームを体に塗りました。パパは顔までしっかり塗っていました。

お肌がツヤツヤになるそうです(^_-)-☆

まとめ

カヤックは6歳児でも、余裕でできますね。とても、張り切って漕いでいました。

むしろ、私のほうが最後のほうは腕が痛くなって、6歳児に叱咤激励されていました。

でも、きれいな海の上で、ジャングルの景色をバックにカヤックを漕ぐって、最高に気持ちよかったです。

ロックアイランドは小さい島の集まりで、今いる場所は小さい島の一つなので、人の気配が全くしない。

不思議な感じです。

ぜひ、この感覚を体感してもらいたいです。

次回、幕の内弁当&シュノーケリング編をアップしたいと思います。

https://imotaronoie.com/parau_snorkeling

ABOUT ME
芋太郎
芋太郎
芋太郎です。3人の子育て中の主婦です。子連れの旅行で、行ってみてよかったこと、持っていけばよかったものなど、お役に立てる情報を載せたいです。