芋太郎のお気楽生活
家族との旅行、遊び、好きな本、音楽について、お気らく~に綴っていきたいです(#^.^#)
家族のこと

コロナ臨時休校 子どもに勉強を教えるイライラ解消法はない

こんにちは、芋太郎です。

コロナ影響の臨時休校が長っ!と思っているお母さん方はたくさんいらいっしゃると思います。

子どもとこんなに長時間いるなんて、夏休みレベルかそれ以上です。

しかも、普通の休みではなく、コロナの影響があるので、テーマパーク、映画館や他施設にも行けません。

子どもも親もストレスがたまっています。

そして、親目線からすると、授業がストップしたこともあり、勉強の穴埋めをしないといけないって思ってしまいます。

イライラしないで、勉強を子どもに教える方法を考えてみたものの、ないですね。

教育者とか東大合格させたお母さんなどのような人格者でもない私がイライラしないわけがない。

御大層な教育論を説いて、何かいいアイデアを提案してみたいけれど、無理ですね。

いろいろ検索してみても、自分に合った方法がないわけではないけれど、要は忍耐力を試されていると理解しました。

そう、お母さん方への試練としかいいようがないです。

虐待とかありえないし、放置できないし(何かさせたい)・・。

ただ3週間過ごしてきて、思ったことが、

  • 大切なことは、適度な距離感を(母が)自分自身で工夫するしかない。
  • でも(子どもに)やることは、やってもらわな!
  • 妥協点を日々お互いその時に確認!(体調や気分がその時によって違うしね)

子どもとは言え、交渉していかないとあかんなと気づきました。

ゲームをやりたいがために、勉強は適当になりがち

午前中に勉強をしてもらおうと考えている中、ダラダラしんどくなると、外で休憩のため、遊んできてもらいます。

外にいくだけでも、こちらはほっとします。

お菓子タイムを入れてみたり、外に行ってもらったりの繰り返しです。

兄弟ケンカも一日中あります。

勉強が終わるまでは、ゲームをさせないように言ってはいますが、気分によっては午後にかけてもできない日があります。

そんな日は一時間だけゲームを先にして、一時間後、できていない課題をしてもらいます。

イヤイヤながらも、あのまま続けて勉強をするよりかは、集中してくれます。

子どもは勉強にイライラ、なんか食べたい~は1日に何回も・・・。

子どもが勉強にイライラして、文句を言い始めると、違う部屋に行かせて、気分を変えてもらいます。

「なんか食べたい~」と言い始めると、「ここまでできたら、お菓子タイムにしよう」と小さい目標(!?)を提案してみたり。

それで、納得してくれるなんて、素直(単純)やなと笑えるところです。

まとめ:コロナ臨時休校 子どもに勉強を教えるイライラ解消法はない

親子で納得して過ごすには、感情的にならないように(これ1番難しい)コミュニケーションをとって、妥協点を探す。

「イライラは親子間ではお互いさま」と思える大人な考えで、前に進みたいですね。

今のこの時期しか子どもとは一緒にいれないから、神様がくれた大切な贈り物とか思えるように、日々自身の忍耐・根性を身につけるしかないです。

確かに大切なトキ(時間)ではあります。

将来子どもが大きくなって、あんなふうにあの時、一緒に過ごせば良かったとか後悔しないように、過ごせていけたらいいですね。

ABOUT ME
芋太郎
芋太郎
芋太郎です。3人の子育て中の主婦です。子連れの旅行で、行ってみてよかったこと、持っていけばよかったものなど、お役に立てる情報を載せたいです。